工事現場

万が一に備えておきましょう|地盤調査が明暗を分ける

意味がある

作業員

地質調査の必要性について

一戸建て住宅を建築しようとするとき、土地を購入する必要がありますが、その土地が住宅用に向いていない場合があります。例えばもともとが水田や池、沼地などの場合です。そのような土地を埋めて住宅用の土地にする場合は、地盤が軟弱になっていますで、地質調査をする必要があります。また、海外の付近を埋め立てた場合も大きな地震などで液状化現象が起きることがあります。液状化現象が起きた場合、その土地の地価が下がることになります。もちろんそれ以前にその上に建築されている住宅に住むことが極めて不安定になります。そこで、地質調査をしてその土地が安全かどうかを確かめるべきでしょう。 地質調査をした結果その土地が住むのに値しない場合は地盤改良をする必要があります。

地盤改良についての方法

地質調査の結果地盤改良が必要と言ってもその方法はいくつか種類があります。一つが、表層改良という方法です。軟弱地盤が比較的浅い時(2メートルぐらいまでしかない時)この方法を使って軟弱地盤を重機で取り除き、人工的に固められた土に入れ替えます。次に、軟弱地盤が比較的深く、8メートルぐらいまである場合は、柱状改良を行う必要があります。柱状改良とは、地面に重機で直径60センチぐらいある穴を強固地盤があるところまで堀り、そこのコンクリートを流し込んで地盤を固める方法です。最後に、それ以上軟弱地盤が深い場合は、鋼管杭工法という方法を使います。この工法は、地面に鉄の杭を打ち込んで強固地盤に突き刺さるまで鉄の管を入れていきます。