作業員

万が一に備えておきましょう|地盤調査が明暗を分ける

重要性がある

地盤改良

地盤の大切さと重要性

地盤改良とは、悪い地盤を良い地盤に変える工法です。地盤改良をする事によって得られる良い点は、地盤沈下が生じません。100年住める住宅といわれて販売されていますが、建物がしっかりしていても、良い地盤でなければ、100年も住む事ができません。また、地震に対しても、従来の基礎は地盤からの振動を建物に伝え、大きな振動を感じていましたが、地盤改良すれば、揺れは小さくなります。車が通る度に揺れていた、交通振動の揺れも最小限になります。地盤改良は価格が高いと思うかもしれないですが、建物、規模、構造によって異なりますが、戸建てで、100万円から150万円くらいです。あとから地盤沈下して、補修工事を考えること思うと、高い価格ではないです。

これからの地盤改良

日本中を震撼させた震災ですが、地盤改良する事によって、震災で受けた大きな衝撃にも、耐える事ができた建物もあります。また震災後、建物や道路、また橋などの傾き、沈下している場所が、まだありますので、地盤改良して震災にもより強い建物を、建築しています。戸建ての建て直しで、地盤改良が必要か必要でないかの判断は、住宅会社と契約した後、既存建物解体後でないと、判断できません。地盤改良が必要だと考えて、色んな業者の改良の工法を、調べておくとよいです。工法によっては、CO2削減など、からだにも環境にも優しい工法があります。今現在、人びとの環境問題への意識が高まってるので、環境問題にも役立つ地盤改良を進めています。

土を調べる

地盤調査をすると住める土地かどうかを判断する基準になるので、専門業者に依頼するといいでしょう。また、探し方は口コミなどを活用するとベストな業者を探すことが可能です。また、そちらには費用や工事方法などを同時に閲覧できるコンテンツもあるので便利といえるでしょう。地盤調査を行なうということは、大切な人を守ることにもなるので、土地に建物を立てる前に調査をするべきです。万が一に備えておきましょう。

種類がたくさんある

地盤改良

建物を建てようという土地が軟弱地盤の場合、地盤改良をする必要があります。現在、その地盤改良として多いのは下記の三種類あるので、ジャストな工事をするといいでしょう。

View Detail

強化しよう

二人の作業員

地質調査をすることで、建物を建てる耐震性の有無を調べることができるようになるでしょう。この工事を怠ると、人的被害を与えかねないので必ず土地を強化しなくてはなりません。

View Detail

意味がある

作業員

家族で暮らす家を建てるのであれば、より安全に暮らせるようにしなくてはなりません。ですので、地質調査の結果を知ってから家を建設すると家族を守ることにも繋がるでしょう。

View Detail